>

尿検査は腎臓以外の臓器の異常もわかる

尿検査でわかること

尿検査では尿に含まれる成分を調べます。
その成分は健康な人なら出ないものが、病がある疑いがある人では出てしまうことがあります。
その成分は蛋白、糖、ウロビリノーゲン、そして血液です。
蛋白がでると、腎炎、慢性腎臓病、尿路感染症、血液が混ざった尿が出ると、結石や前立腺炎や泌尿器系の悪性腫瘍等の疑いも出てきます。
糖がでると糖尿関係の病、糖尿病、腎性糖尿病、甲状腺機能異常等が疑われます。
ウロビリノーゲンが出ると肝臓の病、急性もしくは慢性肝炎や胆管結石の疑いがあります。

ちなみに健康な人でも尿に糖がでることはあります。
それは例えば甘いお菓子やご飯を食べた後に検査を受けると、尿にたくさんの糖が出ることがあります。

尿検査で異常がでたら

腎臓の病が疑われる場合、再度腎臓の機能の検査をします。
また血液が出た時には感染症の疑いがあるため、感染症の検査をします。

糖尿病の疑いがある場合は、血糖値の検査をし、総合的に判断します。
糖尿病であった場合、身体が血糖値をコントロールすることが難しくなっているため、インスリン注射などのケアが必要になります。
糖尿病は完治する病ではないので、今後も自身での身体のケアが必要になります。
糖尿病にならないためには、食生活を見直す事、適度な運動を取り入れていきましょう。

肝臓の病が疑われる際も、食生活の見直すことで病を治すことに繋がります。
暴飲暴食をやめること、栄養バランスを考えることですが、肝臓にいい栄養素であるビタミンB1、オルニチン、良質なたんぱく質を積極的に献立に入れていきましょう。


この記事をシェアする